便利な機能

どこでも手軽に持ち運べるのが電子書籍の魅力

最近、出版会の新しいトレンドとして注目を浴びている商品に、電子書籍というものがあります。電子書籍は小説や漫画、実用書などの書籍を電子データ化し、専用の端末やタブレットPC、スマートフォンなどで読めるようにしたものです。いつでもどこでも簡単に読めるうえに、端末1台で数十冊、あるいは数百冊分の書籍データを持ち運べるという便利さが受けて利用者が年々増加しています。 ところでこの電子書籍ですが、販売されているものを購入するばかりでなく、デジタルスキャナーで読み込むことで自らの蔵書を電子書籍化することも可能です。このような作業をスラングで「自炊」といいますが、最近では自炊代行業者なるサービス事業者も登場し、大量の書籍を短期間で電子書籍化するサービスを提供しています。

自炊代行で紙の本も簡単にデータ化

自炊代行業者は全国各地に存在しますが、その大半はインターネット経由の注文を受け付けているので、どこからでも利用が可能です。ホームページから依頼し、料金を支払ったら蔵書を宅配便で送れば手続きは終了です。あとは完成した電子書籍のデータを受け取るだけです。データの受け取りはUSBメモリーなどの記録メディアが送付されてくることもあれば、ホームページからダウンロードして受け取るというパターンもあります。 自炊代行の利用に際しては2つほど注意点があります。1つは送付した蔵書はスキャンの際に断裁されるため、データ作成後は普通の書籍としては読めなくなることです。もう1つは、著作権者が自炊代行を禁じている書籍については利用できないことです。そのような書籍は奥付の前後にその旨の注記があるので、業者への送付は行わないようにします。